平成29年度 東京都中核充てん所稼働訓練実施について(報告)

目 的

石油ガス地域防災対応体制整備事業の石油ガス供給連携計画に基づく、LPガス中核充填所稼働訓練により、会員事業者及び関係機関等との相互連携を強化し、東京都LPガス協会の災害対策向上を目指す。

実施日時

平成30年 3月16日(金)10:00~13:00

場 所

株式会社ホームエネルギー西関東 東京センター

参 加 者

東京都中核充填所:11社 東京都LPガス協会支部:9支部

協力機関

東京都多摩環境事務所、田中電気株式会社、他

主 催

東京都LPガス協会

本訓練に西多摩支部からも支部会員(3名)、および西多摩地区の中核充填所(4社)が参加、訓練を行いました。

開会式の様子

開会式の様子

1.MCA無線機による情報伝達訓練・MCA無線機器通信訓練の様子
災害時における各支部との連携による情報収集・伝達確認を実施

各支部より中核充填所・防災本部への被害情報伝達訓練
各支部より中核充填所・防災本部への被害情報伝達訓練

2.充填所設備の安全確認訓練

充填所設備の安全点検を実施し稼働可能判断を実施
充填所設備の安全点検を実施し稼働可能判断を実施

3.他系列容器への充填訓練

他系列容器(ボンベ)への災害時充填を実施確認
他系列容器(ボンベ)への災害時充填を実施確認

4.非常用LPガス発電機稼働訓練

非常用LPガス発電機稼働させ、充填工場が正常に稼働できることを確認
非常用LPガス発電機稼働させ、充填工場が正常に稼働できることを確認

5.LPガス車充填訓練

LPガス車への充填を行い災害時運行継続可能なことを確認
LPガス車への充填を行い災害時運行継続可能なことを確認

6.LPガス炊き出し訓練

LPガスによる炊き出しを行い、確認
LPガスによる炊き出しを行い、確認

災害時におけるLPガスの供給において中核充填所は、重要な役割を果たすため今回の訓練を通じ、協会各支部との連携などを再確認する良い機会となった。
今後も支部として災害時の対応など、更なる保安・安全確保を推進したい。

«